2012年12月26日

非同期テクスチャ読み込み

非同期のテクスチャ処理ではまったのでメモ

OpenGL使って画像を表示していたのですがいままでは同期処理で読み込んでました。
次作るゲームは画像が多そう&遷移多そうなので非同期処理を実装しようと思いコーディング

まずは単純にdispatch_asyncを使いロード→ロード終了時コールバックの流れで構築
なぜか、画像が表示されない。
glGenTexturesでうまくテクスチャIDが割り当てされていない。
関連資料をあさってみる

どうやらGLコンテキストを扱う処理(この場合はテクスチャ割りあて〜テクスチャロード)は
作成したスレッド(通常メインスレッド)のみでしか扱えないらしい。

ということで修正

glのテクスチャ関連処理をのみメインスレッドに投げることで画像が表示されましたとさ。
一応、同期処理との兼ね合い等々も考慮して以下のソースで正しく動いてるぽい。

if( dispatch_get_current_queue() != dispatch_get_main_queue() )
{
    dispatch_async(dispatch_get_main_queue(), ^{
        /* テクスチャロード処理 */
    });
}
else
{
    /* テクスチャロード処理 */
}


なんかもう少しスマートな方法無いかしら...
posted by slaia at 15:03| Comment(0) | iphoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

メモリリークの検出

自分用にメモ

Xcode4.2〜Xcode4.4.1での操作

・論理的なメモリリーク検出
メニューから「Product」→「Analyze」

・物理的なメモリリーク検出
 メニューから「Product」→「Profile」
 別ツールのウィンドウが開くので
 「Memory」→「Leaks」と選択

最近の開発環境は便利になりすぎて脳みそとろける気がする。
別のところに力を入れられるから良いんだけれどもね。
ラベル:iPhoneアプリ
posted by slaia at 18:53| Comment(0) | iphoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

D-U-N-S Number

iOSアプリをAppleStoreに登録する為にはiOSデベロッパプログラムに登録しなければならないのですが、
企業/法人として登録する為の条件が変更になり前までは任意入力だったDUNS Numberが必須になったようです。

取得する為にはDUNS社又は各国のDUNSから委託されている登録業者/団体に登録を依頼し
完了すると番号がもらえるのですが、国によって手数料と登録までの期間がまちまちです。
(台湾では最低13000NT$+1週間、日本だと10000yen+3日程度)

めんどくさっ!しかも高い・・・。
前は必須じゃなかったし何とかならないの?とAppleに泣きついたら
「アップルのサポートサイトに登録申請できる場所があってそこからなら無料で取得できますよ(サポートサイトちゃんと読めよ)」と
iOSアプリ開発のためにDUNSナンバーが欲しい企業に関してはアップル経由で無料申請できるようです。

iOSデベロッパTop>サポート>iOSデベロッパプログラム>D-U-N-S Numbersと入っていくと確かにありました。
自分は親切なサポートの方が登録フォームのアドレスを送ってくれたので
必要な項目を「英語で」記入して送信、無事完了の報告とDUNS Numberが送られてきました。
完了まで3日程度だったのでかなり早かったです。

これから始めようとしている方には参考程度に

追記:
結構D-U-N-S Numberで来る人が多いようなので
サポートページ:https://developer.apple.com/jp/support/ios/D-U-N-S.html

この中の「D-U-N-S Number 検索ツール」に情報を入れると
まだ未登録であれば無料の番号を割り当ててもらえるようです。
もしかしたら台湾とは事情が違うかもしれないので
詳細は同ページのお問い合わせでサポートに聞いてみてくださいm(_)m
posted by slaia at 15:43| Comment(3) | iphoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。